バイクのことではありませんが・・

 6日のことである。取引先の社長さんに忘年会に誘われた。私は酒の席は好きではないのであるが、せっかく誘っていただいているのに断るのもどうかと思い、参加させていただくことにした。最初は社長さんと女性事務員さんら4人で楽しく過ごしていたのであるが、途中から雲行きが怪しくなってきた。酔っ払いの某従業員に捉まったのである。そして、いろいろくだらない話を一方的に話し始めやがり、さらにドサクサに紛れ、手を握ってくるではないか!デコに“テメエを殴ってやりたいマーク”が出始めたが、私はニコニコしながらひたすら我慢していた。私がマジギレすると、その場の楽しい雰囲気を台無しにしてしまうからねえ・・・。地獄の時間は過ぎ、ようやく忘年会はお開きとなった。

 忘年会の後、紳士である従業員の方から、「○○に寄ってお茶飲んで帰り。」という優しい声をかけていただき、10分ほどなら・・・ってことで寄った。するとまたあのクソ従業員が私の隣に座ってきた。どこまでも厚かましいヤツである。私はタチの悪い酔っ払いは大っ嫌いなので、ウーロン茶を一気飲みして、ソッコー帰った。紳士の従業員の方たちと話がしたかったのに、残念である。

 帰宅後、相方にあーだこーだとムカツキ話を披露し、「もう二度と忘年会には行かへんからねっ!」と宣言した。

 そして翌朝。相方は仕事の件で社長さんと電話で話をしたのであるが、その時に社長さんは、「奥さん、どう言ってた?」みたいなことを訊いてこられたらしい。相方は、まずはお礼を言いそして、「疲れたと言ってました。あとは本人から聞いてください。ハハハ。」と濁したらしいが、勘のいい社長さんであるのでお察しになったようだ。

 今回、気ぃ悪い酔っ払いとからんだことによって、相方と静かに食事ができることの有難みがよく分かったし、相方が下戸であってくれて本当によかったと思った。たまには気ぃ悪いヤツと接するのもいいのかもね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

嫁太

Author:嫁太
兵庫の田舎に棲息する柴犬大好き夫婦です。
2011年、夢であった柴犬「蘭」との生活をスタートさせました。
すぐさま親バカとなり、蘭は超~~わがままな柴犬に成長^^;
蘭とバカ親の日常を綴っていきます^^

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック