押せない・・・

 11月3日

 教習4日目。本日の教官は真面目そうなKB教官。白バイが似合いそうである。

 今日は四輪コースに出ることなく、いきなり二輪コースの外周を周った。相変わらずカーブでジタバタする私。そして初めてS字やクランクをいかされた。ギャオギャオいいながら、そして足をバタバタさせながら通る。やはり出来ないので、また外周を周る。外周の狭い方のカーブが苦手で、左足をだしてしまい、うまく曲がれない。KB教官は私が狭いカーブにさしかかると、さっと近寄ってバイクの後ろを持ち、「大丈夫ですよ!足を着かないで曲がってください。」と声をかけて、何度も繰り返し練習させられた。それでも絶叫気味でバタバタしていると、「怖いですか?」と、ニッコリしながら言われた。安心感のある笑顔で、癒し系の教官だ。

 さて教習時間も半ばに差掛かったころ、KB教官は中型バイクをだしてきて、「発着点まで押していって下さい。」と言われた。私は必死で中型バイクを押したがビクともせず、発着点まで持っていけなかった。20㎏のものでもヘラヘラしながら持ち上げる私なのに、中型バイクは押せないのだ。KB教官は諦めて、小型バイクで教習続行になった。そして前回同様、絶叫のうちに教習は終わった。

 このころから小型バイクに慣れはじめ、中型バイクに戻るのが嫌になり、小型限定に変更したい気持ちが強くなってくる。

 今日の2時間目。シミュレーター教習。FW H教官。相方ともう一人の男性と3人で受ける。私、こういうものを見ていると酔うんだよ。嫌だなあ。

 順番にシミュレーターをやっていったが、私は1回やったら気持ち悪くなったので、後は見学となった。少し離れて見ていると酔わないし、ラクチン。ゲーム好きな相方は、なかなか上手くやっている。少し楽しみながらやっているようだ。後ろからチャチャを入れたくなったが、そんなことは出来ないので大人しく見ていた。

 シミュレーター教習を終え帰宅。この日、相方に小型に変更したいと相談。相方は変更を決めるのは早いと言ったが、私は完全に中型が嫌になっていた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

がんばれよ~!!!
プロフィール

嫁太

Author:嫁太
兵庫の田舎に棲息する柴犬大好き夫婦です。
2011年、夢であった柴犬「蘭」との生活をスタートさせました。
すぐさま親バカとなり、蘭は超~~わがままな柴犬に成長^^;
蘭とバカ親の日常を綴っていきます^^

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック