幻のスープ

 最近、とても飲みたい思い出のスープがある。それは、姉が中学生のころ(だったと思う)に作ってくれたスープ。スープの名前は、「子牛のスネ肉のスープ」。もうスープの名前からして高級感あふれている。当時小学生だった私は、「こんな田舎の貧乏家庭で、そんな高級なものを食すことができるのか?しかも、子牛のスネ肉なるものが手に入るのか?」とかなり疑問に思った。しかし、私が心配するまもなく、スーパーで注文でもしていたのか、無事にスネ肉を入手。後は、姉の腕次第ということになった。

 スネ肉が入ってきた日、姉は料理本を片手に早速作り始めた。私は都会のレストランでしか口にできないようなタイトルのスープを食せるかもしれないということで、ソワソワしながら姉が調理しているのを見ていた。そしてスープが完成!貧乏一家の大試食会が開かれた。みんな一緒にスープを一口飲んでみる。。。。。

 お・お・おいしい~~~!!!

かなり昔のことなので味の細部まで語ることはできないが、とにかく美味しかった。私は「毎日でも飲みたい」と思ったほどだった。それ以後、私は姉にスープをもう一回作って欲しいと願い出たが、姉はしんどさに嫌気がさしたのか作ってくれることはなかった。(クッキーは何度も作ってくれたし、他の料理もいっぱい作ってくれたけど^^)

 あの幻のスープ、今度は私が作って姉に飲んでもらいたいが、当時の料理本が行方不明なので作れない。なので、違う美味しいスープを探そうかな^^

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

聞いただけ、いや読んだだけで涎が出そうなスープですね~><
子牛のスネ肉スープ♪
頭の中で想像してぐるぐるしています^^

ぺぎらさん♪
このスープは美味しかったです^^
「子牛のスネ肉」と聞いただけで、「美味しいかも♪」って思っちゃいますよね^^
可愛げないオバハンになった今、「じゃ、成牛のスネ肉を使ったらどうなのさ?」と考えてしまいます(笑)どちらを使っても美味しいと思いますが^^
プロフィール

嫁太

Author:嫁太
兵庫の田舎に棲息する柴犬大好き夫婦です。
2011年、夢であった柴犬「蘭」との生活をスタートさせました。
すぐさま親バカとなり、蘭は超~~わがままな柴犬に成長^^;
蘭とバカ親の日常を綴っていきます^^

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック