初山越え

 10月22日

 朝、いい天気だったので予定通りプチツーリングに行くことにした。今日は恒例のコースではない。途中まではいつもの道であるが、左折して目指すはⅠ銀山。何回か車で行っているのでめずらしくはないが、バイクの免許が取れたら行ってみたいと思っていた場所だ。が、銀山に行くには山越えしないといけない。私は初めての山越えになる。車ではよく通った道であるが、バイクとなると怖い。しかし怖がってばかりもいられない。思い切って山道に挑戦することにした。そしていざ山道に差掛かると

 ぎょえ~!道が曲がっとるやん!

と当たり前なことをヘルメットの中で口走る。人間、追い詰められると変なことを言うものである。後に車がなかったので、ゆっくりと上がっていき、ゆっくりと下った。下りきったところで安心した私は、またもやヘルメットの中で

 ウッホホー!や~ま越~えた~♪

と怪しい歌を歌う。ハッと我に返った私は前をいく相方に、「アンタもヘンな嫁をもらったもんだね~」と心の中で語りかけた。

 さて、山を越えて少し走ったところで休憩をとった。駐車場の片隅で座っていると、男性3人のツーリングの方たちが出発されている。ボーッと見ていると、真ん中の方がこちらを見て挨拶してくださった。バイクに乗っていると、こんなちょっとしたふれあいがあるのが嬉しい。私たちも出発することにした。目指すⅠ銀山まであと少しである。見通しのいい道路が続くのであるが、途中から少し道が狭くなるのでガタガタビクビクしたが、目標であったⅠ銀山に到着!やったー!しかし、いざ着いてみると時間が早かったせいかシ~ンとしていて活気がない。坑道に入ろうか迷ったが、坑道に入ったところで無表情な人形がノミやツルハシを持って、これまた無表情に穴掘るマネをしているだけである。高い入場料を支払ってまで入るものでもなかろう。ということで、さっさとズラかることにした。相方がやたら空腹を訴えていたので、次の目標は“フレッシュA”という道の駅にいこうってことになった。銀山から15分ほどでいける。こんなことなら、最初から“フレッシュA”にしときゃよかった、と後悔しながら向かう。

 “フレッシュA”に着いたので、モーニングをいただいたのだが、モーニングは「フレッシュ」ではなかった。いつも行っていたK道の駅のモーニングの方が数段美味しい。相方はあまり美味しくないと極端に無口になるのだが、案の定無口になり黙々と食べている。そして食べ終わると、「やっぱりKの方がええなあ。」と一言。同感だ。

 一応空腹が満たされたので、帰ることにした。ここまで走ると私も少しは慣れてきたので、もう少し走ろうかなと思ったが、ウルトラヘタレライダーが欲張りすぎるとよくないので、おとなしく帰ることにしたのだ。もう少し先まで行くのは次回の楽しみにしておこう。

 車庫に無事着き、今日の走行距離をみると100キロであった。ウルトラヘタレライダーにしては頑張ったほうである。

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

嫁太

Author:嫁太
兵庫の田舎に棲息する柴犬大好き夫婦です。
2011年、夢であった柴犬「蘭」との生活をスタートさせました。
すぐさま親バカとなり、蘭は超~~わがままな柴犬に成長^^;
蘭とバカ親の日常を綴っていきます^^

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック