気温3℃の思い出

 昨日、仕事が終わって帰るとき、気温が3℃だった。この3℃という気温で思い出すことがある。それは・・・

 2年前の12月、アホコンビは二輪免許を取ったばかりだった。相方はまず中免、私は小型限定。引き続き相方は、大型免許を目指して教習所に通っておりましたが・・・。

 二輪免許を取った私は、いきなり公道デビューは怖かったので、相方にエリミネーターを某公園の駐車場まで乗って行ってもらい、そこで練習をすることにした。当時相方は、今思うと考えられないような薄着でバイクに乗っていた。ジーパン一丁(ズボン下無し)、普通の冬用のブルゾン(そんなに分厚いものではない)。どう見ても冬の夜にバイクに乗るスタイルではない。そんな服装で気温が3℃という中、片道約15分ほどの道のりをエリミで走ってくれた。私はぬくぬくの車で行くのに、非常に申し訳ない思いでいっぱいだった。公園の駐車場に着いたとき、「寒いやろ。スマンなぁ。」と言うと、相方はなんと、

 ぜんぜん!そんなに寒うないで。

と平然とした様子で言ってのけた。は?3℃のところを15分も走って、あまり寒さを感じないのですか?へ?私に気を遣ってくれてるのかと思ったが、顔が思いっきり平然としていたので、やはり寒さをあまり感じていないようであった。私は早速エリミでトロトロと練習をしたが、3℃の気温は私にとっては北極。10分そこそこでリタイヤとなった。言っておくが駐車場の中なので、風を切って走るということはしていない。それでも10分ももたなかった私だ。それなのに風を切って片道15分も走った相方って・・・。

 これはアホコンビの語り草となっている。昨日も、「相方。あのときは薄着で平然としとったけど、今はバリバリ厚着やな。なんであのとき、3℃でも平然と走れたんや?」と聞いたら、

 あのときは、バイクに乗れる嬉しさで寒さなんか感じへんかったわ。

という答えが返ってきた。すごく嬉しかったんやなぁ。ここで相方から、ツッコミが入った。

 「嫁太も信じられへんことしとったやないか。」

え?私がですか?何をしてました?

 嫁太、初めてエリミで公道デビューしたとき、ジェットのヘルメットでシールドを上げて走っとったよな。ワシが「寒くないんか?」と聞いたら、「よう分からん。」と、ヘンな答えを言いよったがな。

 そ・そうでございました。あのときは今以上に走るのに必死で、顔面の寒さなどまったく感じておりませんでしたな。

 アホコンビがバイクデビューをしたとき、二人共奇妙な行動をとっておりました(恥)

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あははは。同じ同じ~。
同じことあったよー。
寒波襲来の夜に薄着で運ばれてきたばかりのバイクにまたがって夜の街に一人で走り出したのー。
寒かったけど必死で寒さがわからなかったっけ^^
同じだよー(><)
なんか嬉しい。

 俺も学生のころは今じゃ考えられない服装で走ってたっけ・・・
 普通のジャンパーにジーパンにただの革のグローブにジェットヘル
 走ってる途中でタンクのうえに霜が下りてたこともあったけど、楽しかったなぁ
 わずか20年前のことでした~~

「よう分からん」
思わず笑ってしまいました^^
乗り始めのころって、いろいろなことが新しくてパニくったりもしますよね。
私もなんだか緊張感で息苦しいような気がしてシールドあげてた時期がありましたっけ。

如月さん
わぁ!如月さんもですか!
寒波襲来というと、めちゃくちゃ寒かったのですな^^
嬉しさや必死さで、寒いんだけど寒さがピンとこないってあるんですね。
同じことを感じられたのが嬉しいです♪
なぜだかウキウキしてきましたー^^

たけさん
相方も、似たような経験がありますよ^^
学生時代にオフ車タイプの原付に乗っていて、それである冬の夜、下宿先から実家までバイクで帰ったとか。それが、信じられないくらいの薄着だったらしいです^^
「あの頃は若かった・・・」と遠い目をして語っています(笑)

ぺぎらさん
えへへ^^笑っていただいて嬉しいです♪
今では絶対にシールドを上げて走ったりはしないのに、あのときはシールドが邪魔で邪魔で(笑)
パニくってたんでしょうね^^
ぺぎらさんもシールドを上げて走られてたときがあったのですねぇ・・・
同じで嬉しい私です^^

すごいです・・・
シールドを上げて走ってると口は渇くは、息はできないわ・・・
とてもじゃ無いですが乗れませんよ~~~
もしかして、あまりに必死で瞬きもしてなかったってことは・・・?
(^m^)プ

RSBさん
車庫の近くをグルグルと回ってたし、しかもヘタ~レババアがエリミでトロトロ走ってたので、シールド上げてても大丈夫~♪
さらにメガネをかけてたしね^^
今やると、コンタクトがポロリ・・・
絶対にシールドを上げられない!!(笑)
プロフィール

嫁太

Author:嫁太
兵庫の田舎に棲息する柴犬大好き夫婦です。
2011年、夢であった柴犬「蘭」との生活をスタートさせました。
すぐさま親バカとなり、蘭は超~~わがままな柴犬に成長^^;
蘭とバカ親の日常を綴っていきます^^

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック