怠け者の特攻教習

 4月18日~5月12日

 この間はすべてFW教官であったため、日ごとの詳細な記憶がないために総合的なものになるのであるが、教習は一進一退の繰り返しであった。調子がよくてバイクを全く倒さない日もあれば、倒しまくる日もあったりした。雨の日や教官が休みで教習の間隔がどーんと空いたりしたので、相方に教習してもらっても、なかなか確立しなかった。私は上達しない自分に腹が立つと同時に、手を焼かしている教官と相方に申し訳ない気持ちであった。なんとか卒業しないと、二人の努力が水の泡になってしまう。生来怠け者の私であるが、怠け者なりに頑張った。

 その怠け者の教習は、Sを通れば曲がりきれずに突っ込んでバイクを倒したり、クランクを通れば右に曲がったところでバイクを倒したり、パイロンを轢いたり、スラロームに入ると特攻隊の如くパイロンの間を突っ込んでいったりして、パイロンをなぎ倒していた。そのたびに教官は笑いながらパイロンを元に戻し、指導してくださった。今思えば、よくキレずに我慢されていたと思う。

 さて怠け者の三大難関項目、S・クランク・スラロームがなかなかできなかったので、四輪コースにでて広いところでスラローム走行の練習をしたこともあった。教習所が空いている時期であったので、教習車がほとんどない時もあったので、できたものだ。広い四輪コースでスラローム走行をしていると、なんだか暴走族みたいに思えてきた。ま、私の場合、怖くてロクにスラロームにはなっていなかったが・・・。

 なかなか上達はしなかったが、諦めずに頑張っているうちに、徐々に教習生手帳に書いてある復習項目が減ってきた。もう少し頑張ればなんとかなるかもしれない。怠け者の正念場である。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

嫁太

Author:嫁太
兵庫の田舎に棲息する柴犬大好き夫婦です。
2011年、夢であった柴犬「蘭」との生活をスタートさせました。
すぐさま親バカとなり、蘭は超~~わがままな柴犬に成長^^;
蘭とバカ親の日常を綴っていきます^^

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック