年貢の納め時

 4月10日

 桜の咲く頃に教習所に行くと豪語していたため、桜が咲き始めたので教習所に行くハメになった。前回、中型バイクに全く乗れなかった苦い経験があるため、かなり気が重い。しかも小型バイクにもほとんど乗っていない。こんな状態で行っても、また乗れないのではないか。今度は「小型に変えます!」なんて言えない。困ったなあ・・・。

 相方に早く教習所に行くようにつつかれたため、渋々、仕事が終わってから申込みに行った。「受付にYDさんがおってなかったら、申込みはせーへんからね!」と、なぜかキレ気味で教習所に行く。入り口から中を覗くと、受付にYD氏がおられた。年貢の納め時になってしまった。諦めて申込みのため中に入る。私たちに気付かれたYD氏は、「お久しぶりです。」と、あの穏やかな癒し系口調で応対してくださった。覚えていてくださって、うれしい限りである。

 さて私の場合、限定解除になるのであるが、限定解除の規定教習時間はたったの5時間。延長しまくりが簡単に予想できたので、普通二輪の規定教習をさせてもらえないか訊いたところ、それはできないとのこと。しゃあないなあ。YD氏は「そんなに延長されないでしょう。小型免許を持っておられるし。」と言われた。YDさん、甘いですよ。私のどんくささは天下一品!規定時間の3倍はかかります!

 前回、非常にお世話になったFW教官に今度は最初からお世話になりたかったので、YD氏に昼間の教習時は教官の指名はできるのか訊いてみた。YD氏は、「ええ。FWが空いている時間なら指名できますよ。ホストクラブではありませんので、指名料もいただきません。」と、おっしゃった。ぎゃははは!YDさん、ナイス!「サブの教官は誰にしときましょう?」と訊いてこられたので、自称意地悪のYY教官をお願いした。YD氏は早速シフト表を見て、「13日の3時と4時がFWが空いてますから、2時間入れときますね。」と、さっさと予約を入れられた。仕事が早い!

 さて、申込みを済ませてしまった私であるが、気が重い。またいっぱい恥をかきに行かなくてはならない。うへ~

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

恥はかくものです。
隠すものではありません
プロフィール

嫁太

Author:嫁太
兵庫の田舎に棲息する柴犬大好き夫婦です。
2011年、夢であった柴犬「蘭」との生活をスタートさせました。
すぐさま親バカとなり、蘭は超~~わがままな柴犬に成長^^;
蘭とバカ親の日常を綴っていきます^^

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック