京都珍道中 2

 さて、フラフラしながら嵐山に戻ったアホコンビ。人の多さにびっくりした。出発したときは人もまばらだったので自転車をスイスイと走らせることができたのが、スイスイとは走れない。自転車に乗っているほうが効率が悪そうだ。ということで、自転車をさっさと返却し、近場をウロウロすることにした。が、ここでアホコンビの計画性の無さを発揮することになる。

 腹減ったなぁ・・・。どこに行くぅ?

どこで食べたいのかなど決めずにやってきているため、いざ食べるとなると、どこで食べればいいのか分からない。

 とりあえず天龍寺にでも入るぅ??

おいおい、腹減ったんじゃねぇのかよ?なんか食らうんじゃねぇのかよ?矛盾を感じつつも、天龍寺の中をホロホロと歩きはじめたときだった。

 あっ、相方!ここで精進料理が食えるで!

少~しだけ予習をしていた私は、天龍寺で精進料理がいただけることを思い出したが、相方は、「ほんまにここで精進料理が食えるんかい?」と疑い気味。そらそうだ。私は非常に曖昧な記憶の持ち主。そのために相方にイマイチ信用されていない。が、ちゃんとありました。よかった。精進料理と天龍寺。↓Img_1124_2 Img_1125_2 Img_1126_1 Img_1129_1 Img_1130_1 Img_1131_1 Img_1132_2 Img_1135_1

美味しい精進料理をいただき満腹になったアホコンビは、天龍寺の中をウロウロしたあと、野宮神社に行くことにした。人ごみの中をフラフラしながら歩き、野宮神社に到着。場所は静かなところにあるのだが、観光客でごった返していて賑やかだ。ほとんど写真がないのだが、こんな神社。Img_1138_3 Img_1139_1 この後、天龍寺前まで戻り、近くのお店で京都っぽいあんみつを食べた。写真はないが、なんとも美味しいあんみつであった。京都の人がうらやましい。いかにも京都らしいあんみつを食べて満足したアホコンビは、「嵐山といえば渡月橋だ」ということで、人でぎっしりの渡月橋を渡った。Img_1148 橋を渡ったところで写真を撮り、また戻ってImg_1146 Img_1150みやげ物を買い、帰りたくない気持ちを抑えながら帰路につく。アホコンビはなんだか慌しい遊び方をする。反省。

 京都での戦利品。Img_1704_1 匂い袋・京紅・あぶらとり紙。匂い袋はカバンの中に入れておくと、いい匂いがして京都気分に浸れる。そして京紅は、蛤の殻の内側に紅がきれいに塗られていて使うのがもったいないぐらい。表面の絵もかわいい。 匂い袋といい、京紅といい、もう少し買っておけばよかった。

次はバイクで行きたいが、ヘタレの私には無理な話だ。次回、行く機会があっても車だろうなぁ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

渡月橋のそばの茶店で茶をするのが私の京都旅行のお約束です。
しかしそのお約束をもう20年もやってないです。
京都いきたーい!
この日記を読んで激しくそう思いました。

如月さん
そうですね。私も渡月橋の近くのお店でお茶をしたいと、ずーっと思ってました。
このときは、ようやく念願叶ってあんみつを食べることができたんですよ。
いつも慌しい観光をするコンビなものですから、なかなかお茶などしないんです(笑)
如月さんに、ゆっくりと京都観光をしていただきたいと願う嫁太です。

綺麗な写真がたくさんですね!
渡月橋いいですね~。
行ってみたいです!
天竜寺の精進料理も美味しくいただけたようですね^^
う~ん、私ももっと上手に写真撮りたいです。
参りました。

ぺぎらさん
このときの写真は、相方がほとんど撮ったものなんです。
精進料理の端っこに写っている足、多分相方の足です(笑)
ぺぎらさんも、いつもきれいに写真を撮られているじゃないですか!いい腕をお持ちです!
私も写真を撮る腕を上げないといけません。
またまた課題が増えました(笑)

やっぱ京都は良いですね~!
京都に行った友達が必ず買って来てくれるお土産
生八橋とあぶら取り紙!
私も行きた~いヽ(´Д`;)ノアゥア...
どっか行きたい病が・・・  京都を指している!!
2ヶ月ほど放浪行ってないよぉぉぉ・・(泣)

みけさん
生八橋もおいしいですよね~♪
最近はいろいろな味が出ているようで、どれも味見がしたい私です(笑)
前回の飛鳥村の放浪から2ヶ月になるんですね。
次は京都に行って、古都めぐりってのもオシャレ!!
歴史のある町は素敵ですよね♪

京都観光 隠れ宿

PING:
BLOG NAME
京都観光 隠れ名所 亀石楼宇治に住まいする娘の推奨です。 一泊二食付き7,500円から。宇治川が見下ろせる最高のお部屋。宇治川のほとりにある宇治観光に便利な観光民宿です。平等院や宇治上神社などの世界文化遺産をじっくり楽しむには絶好のリーズナブルな料金も魅力です。興聖寺の隣。お料理もおいしいし、お風呂もきもちいいです。畳のお部屋でわたしは瀬戸内寂聴訳の源氏物語を読みました。作家の気分に浸れる、おすすめスポットです。 1995年、母方の祖父と祖母、母、妹と祖母の友達と私の六人......
プロフィール

嫁太

Author:嫁太
兵庫の田舎に棲息する柴犬大好き夫婦です。
2011年、夢であった柴犬「蘭」との生活をスタートさせました。
すぐさま親バカとなり、蘭は超~~わがままな柴犬に成長^^;
蘭とバカ親の日常を綴っていきます^^

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック