ゲテモノ処理班・班長

 数年前のこと。夏、私は店の商品チェックをしていた。そして壁にかかっている商品をペラッとめくったら、黒い塊が壁についている。???と思い、よく見るとコウモリがピタッとへばりついている。一瞬、わぎゃ~と思ったが、コウモリを至近距離で見るチャンスなど滅多にないので、しばらく眺めていた。それにも飽きたので相方を呼び、「見て見て~!コウモリがおる~♪」と商品をめくってコウモリを見せた。すると相方は、「うわ~、ワシ、コウモリはアカンねん。」と言って、なんと腕に鳥肌をだしている。しかも相方の鳥肌を見て唖然とする私に、「嫁太。はよ捕れ。捕ってどっかに逃せ。」と命令してきた。あの鳥肌を見せつけられた私は、相方が心底コウモリが苦手なのだと思い、相方にコウモリを逃してもらう私の計画を変更せざるをえなかった。普段、虫が嫌いな私は相方によく助けてもらってるから、ここで恩返ししとかないとアカンな。ゲテモノ処理班・班長(班といっても私ひとりだが・・・)の私は、使い捨て手袋をはめてコウモリを掴み、無事外に逃した。コウモリは最初はヨタヨタしていたが、次第に元気を取り戻し、夜の空に飛んでいった。

 相方、コウモリは最高に苦手みたいだが、よくよくコウモリの顔を見るとなんだかカワイイ顔だったぜ。コウモリの顔がカワイイと思うのは、ゲテモノ係の私だから思うことかのう?

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コウモリちゃんは可愛いと思うに一票♪
むかし、子どもたちが学童保育に行ってた頃、コウモリが弱って落下してきた。一晩介抱したが残念ながら回復しなかった。
でも、至近距離で初めて見ましたよ。
ちょっと悪魔っぽい顔が可愛いかったなぁ・・・

どどさん
やっぱりコウモリって可愛いですよね!
ブサイクなりに愛嬌のある顔です(笑)
お子さんたちに介抱してもらったコウモリ、残念な結果でしたが介抱してもらえてよかったですね。きっと満足して天国に旅立ったことでしょう。
プロフィール

嫁太

Author:嫁太
兵庫の田舎に棲息する柴犬大好き夫婦です。
2011年、夢であった柴犬「蘭」との生活をスタートさせました。
すぐさま親バカとなり、蘭は超~~わがままな柴犬に成長^^;
蘭とバカ親の日常を綴っていきます^^

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック