憧れだけど

 ZRX を引き取ってもらった日、バイク屋さんが早速

 「次のバイクはどうされます?もう一度エストレヤとかに乗られます?」

などと言われ、以前に比べてエストレヤはさらに良くなったことを仰った。

 そんなことを聞けば、心揺らぎますがな!

 私、もうバイクは買わないつもりだったのだが、猛烈に欲しくなった。たしかにエストレヤは乗りやすかった。ですが、カワ○キなんだよな。。。 私のバイクライフ、なんでカワ○キで始まってカワ○キでフィナーレを飾らないといけないんだ?もうカワ○キのバイクには乗りたくねぇ。でもエストレヤはほちい。。。 うぬぬぬ

 一方、相方もカワ○キのバイクはもう欲しくないというのが本音なので、エストレヤをどうするか話してたとき、

 嫁太!トライアンフのバイクはどうや?メイドインエゲレスやで。エゲレス紳士が乗ってるバイクや。前から乗りたい言うとったし、ワシも乗りたいからええで!

と、とんでもないことをいい始めた。私もエゲレスのバイクに乗りたいのはやまやまだが、エゲレスのバイクといえば全て大型ではないか!一応、大型バイクに乗っても怒られない免許はあるが、宝の持ち腐れ状態になっている。もう乗れねぇよ。250のエストレヤでも怪しいのに。相方はさらに押してくる。

 エゲレスの900のエストレヤに乗ろうや!

だーかーらー、アカンて。やっぱ買わねぇ。

 

スポンサーサイト

ありがとう ZRX-Ⅱ

 久々のバイクネタ^^;;

 実は6月10日、ZRXを手放しました。ほんとは手元に置いておきたかったのですが、もう乗らないから、ZRXとたくさん遊んでくださる方の元に行くほうがZRXも幸せだと思ったので。

 お世話になってるバイク屋さんに引き取りに来てもらったのですが、バイク屋さんはZRXを見て、

 「めちゃくちゃキレイですね。ほんとにもう乗りはらへんのですか?こんなにキレイのにもったいないなぁ。。。」

などと言われました。一瞬、気持ちが揺らぎましたが、やはりZRXの幸せを考えて引き取ってもらいました。

 ZRX、今までほんとにありがとうね^^ ヘタレの母ちゃんでゴメンよ。一度もコケなかった優秀なお前のことは絶対に忘れないよ。素敵なオーナーさんに出会えますように。

913_2

1年経ちました

 8月14日は、蘭が我が家にやってきた日でした^^ 生後2ヶ月半ほどでやってきたワケですが、この1年、ほんとにいろいろありました^^; が、なんとか“もうひとつの誕生日”を迎えることができてアホコンビはホッとしとります^^

Dscn8762_2


↑こんなに小さかった蘭ですが。。。

Cimg0083

↑小柄ですが、それなりに大きくなってくれました^^

Cimg0074

↑一応、女の子です^^;

アホコンビの躾がなってないので、我が儘いっぱいの娘になってしまいました^^;; 父ちゃんからは「彼氏厳禁」と言い渡されておる蘭ちでございますが、あの我が儘ぶりでは彼氏などできないと思う母ちゃんでございます^^;

アヒルちゃんの災難

少し古いネタですが。

おねーちゃん(私の姉)にアヒルのおもちゃをもらった蘭ち。ひとしきり遊んで寝ました^^ かわいい寝顔(←親バカですんません)だったので写真を撮ったらなんだか違和感。。。


1031_2


あーっ!アヒルちゃんが!アヒルちゃんがぁ!!

蘭のおしりにグサッ!!

ここでアヒルちゃんから一言。。。

1030


アヒルちゃん、ゴメンよ。。。

騒動記 5

 ドキドキしながら待っていると、受付のおねえさんが「アホコンビさん、どうぞ。」と奥に案内され、入っていくとイケメン先生が開口一番、

 「まず結果を言いますね。シャント血管が見当たらなかったので門脈シャントではないです。」

それを聞いたアホコンビ、安堵しました^^ CTの写真で説明を受け、肝臓もとりたてて小さいというワケでもなく、心臓の形もそんなに悪くなかったようです。ほんと、安心しました♪ お金を払って蘭を引き取り終了。暑くてしんどかったけど、検査をしてもらって良かったです^^

 おばーちゃんに報告して、同じように心配してくれていた私の姉にも報告して、帰り道、“蘭に異常がなかったらお祝いにGOKOKUさんのケーキを買おう”と言っていたので、ケーキを買って帰りました。そして帰宅してから近所のお寿司屋さんで特上のお寿司を買い、ささやかながらお祝いしました^^

1230


1224


いや~、美味しかったです。そして主役の蘭ちは。。。

1226


ごはんを食べて、お散歩したら、疲れて寝てしまいました^^ 

蘭ち、良かったね♪ お疲れ様^^

 

騒動記 4

 さて、12時すぎから16時ごろまで時間をつぶす羽目になったアホコンビ。まずは腹ごしらえってことで、“まいどおおきに食堂”でお昼♪久々で美味しかった^^
 お腹いっぱいになったところで次はどうしよう?暑いからあまり動きたくない。ということで、病院近くのイオンで時間をつぶすことに。
 イオンに入ると、甘い物が食べたくなってきた。食後だしね^^ てことで、イオン内にあるお店に入ってパフェを食べたのだけど。。。

1219


見るからにマズそうでしょ?そう、マズかったです^^; 気を取り直して、相方はゲーセン、私は百均へ。病院から蘭の(麻酔による)異変の連絡がないかドキドキしながらの時間つぶし。そしてふと私の携帯をみると、着信アリになっている。一瞬ドキッとした。病院からは相方の携帯に連絡があるはず。誰?見ると、おばーちゃん(実家の母)から。かけ直すと、蘭の検査結果がどうだったか心配でかけたという。蘭の結果は16時~17時ぐらいにならないと出ないことを伝えた。

 そうこうしているうちに16時前になったので、病院に戻り、駐車場で待つ。ほどなくしてイケメン先生から「検査が終りました」との報告を受けた。心の片隅に“蘭は大丈夫”という気持ちがあったものの、やはり結果を聞くのはいい気がしないもんです。ドキドキしながら院内へ。

騒動記 3

 いよいよ7月29日がやってきた。全身麻酔をかけるため、朝からごはん抜きの蘭ち。ごはんをもらえないので、おすわりをしてアホコンビを見つめる蘭ち。その健気な姿、可哀想で見ちゃおれん!せっせと出かける準備をしました。

 さて、ヘンな時間帯に車に乗ると暴れる蘭ち。この日も“おばーちゃん家に行けない”と察すると暴れまくった。病院に着くまでの1時間で、アホコンビも蘭ちもボロボロになりましたですよ^^;

 大きな病院に着いて受付を済ませて順番を待つボロボロになったアホ親子。蘭はいつもと様子が違うので、大人しく待ってくれてました。そして診察室へ。若いイケメン獣医さんに今までのいきさつを説明。イケメン獣医さんは蘭の顔を見て

 「可愛い顔やなぁ」

などとつぶやき、飼い主であるアホコンビのハートをガッツリ掴まれた^^; きっと病院からどんなコでも“かわいいとつぶやけ”という御達しがあるのだろう。で、

 「見たところ元気そうだし、悪い感じはないですね。大丈夫そうですが、検査をしますね。」

と仰いまして、“なんで元気なコを連れてきたん?大丈夫ちゃうのん?”というイケメン先生の心の声が聞こえた。だってー、かかりつけの獣医さんがシャントの疑いがあるって言わはるんやもん。そう言われたら心配するやん!もしもってことがあるやん!

 そして検査と全身麻酔の説明を受け、“なんかあっても文句言わへん”という同意書にサインをして蘭ちを預け、病院を後にし、時間をつぶすことにした。

 

騒動記 2

 相方は

 「肝臓の機能の数値は悪くないんやけど、血小板が少ないのと、レントゲンで見るかぎり、肝臓が小さいらしい。体も小さいし、門脈シャントの疑いが晴れない。今はグレーゾーンにいるから、この際、大阪の大きな病院でCTやMRIで検査して、白黒つけたほうがよくないか?ってことや。太い血管が悪いと手術で良くなるらしいし、肝臓も大きくなるみたいや。でもな、細い血管が悪かったら手術できないって言われたわ。ワシもハッキリさせたいから、大阪の病院で検査しよか?」

と言った。私は肝臓の数値が悪くなかったのを聞いて、“蘭は大丈夫なのでは?”という思いがあったが、ハッキリとさせておいたほうがいいし、やはり心配なので予約をとってもらい、7月29日の日曜日、大阪へGO!と相成りました。

 

騒動記 1

 蘭の騒動について少し^^

 4月のはじめごろ、シャンプーをしてもらいにいつもの動物病院へと蘭を連れて行ったときに、獣医さんに

 「蘭が食後に暴れる。目がちいとばかし狂気じみた感じになる。なんで?」

と言った旨を訊いたところ、獣医さんは

 「アホコンビさんは蘭ちゃんをとても可愛がってらっしゃるから言い出しにくかったのだけど、この子はちょっと発育不良がみられるので、門脈シャントという血管の病気を持っている可能性があります。急ぎはしないけど、一度うちで預かって、検査をしたいと思うのですが。」

ということを言われたのですわ。「急ぎはしないけど」という獣医さんの一言で余裕をかましてたアホコンビでございましたが、ネットで調べたところ、どうにも厄介なものであることが分かった。そして6月の中旬、検査をしてもらったのです。獣医さんは

 「今日一日預からせてもらって蘭ちゃんの様子を見ましたが、行動などをみた限りでは門脈シャントの症状はなかったです。でもね、ちょっと気になったのが、血が止まりにくかったこと。あとは血液検査の結果をみましょう。」

ということでした。数日後、血液検査の結果がでまして、獣医さんから電話があり、

 「門脈シャントの疑いがあります。お話ししたいことがありますので、また来てください。」

とのこと。わたしゃ涙がでましたですよ。冷静にお話など聞くことができない私は、相方に話を聞きに行ってもらいました。帰ってきた相方に話を聞くと。。。

 

気がつけば8月。。。

 お久しぶりでございます~

 6月の中旬ごろから嫁太家は落ち着かない日々を送っておりました。蘭のことなんですが、普通の柴犬として買ったのに、「豆柴?」といわれるほど体が小さく、標準体重にならないので、かかりつけの獣医さんから「門脈シャントなのでは?」と言われたんです。で、その獣医さんの紹介で、7月29日の日曜日に大阪の大きな動物病院で検査をしてもらいました。結果、

 異常なしでした♪

 もうやれやれですわ。

 また地味にこの騒動の詳細を書いていこうかと(←ふふふ アテになりませぬが)

プロフィール

嫁太

Author:嫁太
兵庫の田舎に棲息する柴犬大好き夫婦です。
2011年、夢であった柴犬「蘭」との生活をスタートさせました。
すぐさま親バカとなり、蘭は超~~わがままな柴犬に成長^^;
蘭とバカ親の日常を綴っていきます^^

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック